TOPICS|注目情報

社内活性化 2017.11.17

Vol.1 企業にとって人材マネジメントが重要な訳は…。

「企業は人なり」と言われますが、「強い不安・悩み・ストレス」を抱え、社員のメンタリティが下がっていれば会社として良い結果を出すことができません。

社員の個性を理解し、パフォーマンスを最大限に活かす人材マネジメントは、企業経営において重要なファクターと捉えなくてはなりません。

厚生労働省の労働者健康状態調査では、「職場の人間関係にストレスを感じる」が、男女とも1位を占めるなど、従業員のメンタル面での不具合も、経営不振の要因であるという見方もあります。

そもそも、売り上げや組織の基となるのは「人」ですから、そこがうまくいかなければ「営業力の不振」になり、それが結果として「経営の不振」につながってしまうという話も一理あるような気がします。

皆さんの会社は、今どのような状況にありますか?

●社員のやる気が出る組織になっていない。

●社員の個性が活かされていない。

●適正な組織人事になっていない。

もしもそんな状況下にあるのであれば、今の状況を変えていくための人材マネジメントが必要となってきます。

 

 

リ・フォーメーション担当:武藤

お問い合わせは:http://www.denko-ag.co.jp/original#contact

Page Top