BLOG|新しい取り組みのオウンドメディア

商品開発プロジェクト 2018.06.29

子育てと仕事の両立ガイドブック [Vol.4]

こんにちは。今年も梅雨の季節がやってきましたね。

新年度になってからしばらくの時が経ち、様々な生活の変化があったみなさまも少しずつ慣れてきたころではないでしょうか?

 

私は小学生と保育園児の参観日に行ってきました。その中で、特に保育参観への父親の参加率の高さに少し驚きました。入園・進級式の際、園長先生がご挨拶の中で「こんなに父親のみなさまが参加されることに驚き、時代の変化を感じるのとともに、育児に積極的に関わる男性が増えたことをうれしく思います。」とおっしゃっていましたが、まさにそれを実感しました。クラスの半数近くが両親ともに参加されていて、教室の中におさまらない保護者の数だったのが印象的でした。

朝・夕の送り迎えの様子を見ていても、父親が担当している家庭は多く見られます。「保育園の送迎=母親の仕事」という感覚はどんどん薄らいできたと保育園の先生もおっしゃっていました。運動会や発表会など特別な行事の時だけでなく、日常生活の中の子育てにも父親が取り組む姿が普通のことになってきているようです。

 

そういった状況を目の当たりにしながら育つ世代はきっと、自分が親になったときに自然と性別に関係なく保育に関わっていくのだと思います。

今は「育児と仕事の両立」というと、まずは母親視点での話が頭に浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、これからは父親も同じ立場で、女性・男性に関係なく育児をしている人すべてを対象とした施策が必要になってくると思います。その未来を見据え素早く変革することが企業にも求められてきます。

 

電広エイジェンシーでは、企業と働く親をつなぐコミュニケーションツールの制作をご提案しています。

https://www.denko-ag.co.jp/original#child

 お問い合わせはこちらまで

https://www.denko-ag.co.jp/original#contact

 

Page Top