BLOG|新しい取り組みのオウンドメディア

OTONA TSUMIKI 2018.04.16

「OTONA TSUMIKI」(おとなつみき)の紹介。レポート1

はじめまして。私は電広エイジェンシーで展示会や企業ショールームなどの空間構築を専門に担当する須賀と申します。

これから、通常の業務とは別に進めてきた商品開発秘話をこのブログを通して紹介していきます。

商品名は「OTONA TSUMIKI」

 

積み木は幼児向けの安全な玩具として世界中で愛されていますが、ここに紹介する「OTONA TSUMIKI」は、その名の通り、大人の方々にも楽しんでいただくことを念頭に開発した全く新しい組み方が楽しめるつみき玩具です。

積み上げたり並べたりする点では、おもちゃであることには変わりはありませんが、「OTONA TSUMIKI」はひとつひとつの形状が、これまでの丸・三角・四角を基本とした積み木とは大きく異なります。

現在、全5種類の「OTONA TSUMIKI」デザインコレクションがあります。

ここに紹介する画像は全て私がデザイン・制作したオリジナルコレクションです。

いかがですか、あまり見たことのないカタチをしているでしょう。

 

一般的な積み木は小さな子供に親が買い与えることの多い知育玩具として親しまれています。

ブロックピースを組み上げた際にピタッと揃うようにしてあるもの多く、積み上重ねたり、並べたりすることで、バランス感覚やモノを配置する際の数学的秩序感覚を養うことができるとされています。

また、小さな子供でも安全に遊べるように、角を丸くしたり、飲み込んでしまわないような配慮が施されています。

 

その点、この「OTONA TSUMIKI」は鋭角的なカタチをしており、一般的な積み木のカラフルで明るい色合いからもかけ離れた渋い色合いが特長です。明らかに子供向けとはいえません。

蓋を開けた時のブロックピースの収まり方が幾何学パズルのようで、柔らかさや親しみやすさは感じられないでしょう。基本的にブロックピースは一種類のみで点数を少なく抑えたシンプルな内容です。自由にどんどん積み上げていく一般的な積み木とは明らかに違いますね。

 

「OTONA TSUMIKI」は、子供への配慮によるカタチの制限を外すことで、これまでにないフォルムを生み出すことを念頭に設計されています。

「OTONA TSUMIKI」という名前もそこからきており、まさに大人の方々に楽しんでいただくことを目指した玩具です。

忙しい現代人が僅かな時間でも楽しめるためにパーツ数を最小限に抑えてあり、短時間で動物のようにも怪物のようにも見える意外なフォルムを楽しむことができます。

また、パッケージにもこだわり、開けた時に目に飛び込んでくる幾何学的な形の美しさにも魅力を感じてもらえるようにしました。

いかがでしょうか。ちょっと興味がわいてきませんか。

 

次回からは、全5種類の「OTONA TSUMIKI」デザインコレクションを順に紹介していきたいと思います。

お楽しみに・・。

Page Top