BLOG|新しい取り組みのオウンドメディア

ビジネス 2019.02.25

企業の個性が表れるショールーム

今回は、クライアントの事業内容に沿ったショールームの施工実例をご紹介します。

TBユニファッション様は、企業の制服をオリジナル制作する会社です。

企業の制服は堅いイメージがありますが、そこには安全性や機能性、着心地などを細部にいたるまで考える作り手の愛情が込められています。特にデザインは奥が深く、目に見えないところにギャザーを入れたり、専用工具を入れるポケットをつけたり、そのための素材選定も含め柔軟な発想が必要になるそうです。
今回のショールームはそんなTBユニファッションの想いが込められた空間です。

実際にお客様と一緒に作り込んでいくことが重要なだけに、柔軟な発想とフランクなコミュニケーションができる環境が必要との想いから企画が進められました。

カジュアルと上品さの融合・・・?

企画初期段階にイギリスのテーラーをイメージした空間にしようとする方針をたてました。

それは上質で重厚感ある佇まいながら、どこか懐かしく落ち着きとフランクさがある空間・・・、布地を扱うものとしての真面目さと気品・・・、このようなイメージをカタチにしていくため、上質なフローリング材、ビンテージ感のあるテーブルやイス、植栽や古いレコードジャケットなどの小物により、カジュアルと上品さを併せ持つ居心地の良い空間を構築することができました。

私達は初期段階よりお客様とご要望やイメージを何度も話し合い、全体構築から細部に至る演出小物まで、全てのプランニングとデザイン、設計・施工のご協力をさせていただきました。

商談の場は清潔でシンプルな空間にOAチェアなどを配した機能的環境が主流ですが、モノづくり商談の場であれば、アイデアが語り合えるカジュアルなコミュニケーション空間もおすすめだと思います。

家具はコンセプトに合うものをビンテージショップなどでセレクトしました。

<リニューアル前>

<リニューアル後>

 
あなたの会社でもメッセージを発信するショールームづくりを検討してみませんか。

電広エイジェンシーではショールームの企画・設計・施工をワンストップでお受けしております。
何でもお気軽にお問い合わせください。
https://www.denko-ag.co.jp/contact

 

 

Page Top