BLOG|新しい取り組みのオウンドメディア

トレンド 2018.11.27

2018トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in神宮外苑

11月17日(土)東京の明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前で開催されるとのことで、さっそく見学に行ってきました。

今年で12回目になるトヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin 神宮外苑の企画展示テーマは

~Japanese Vintage Year 1989~

「レガシイ」「GT-R」「NSX」「ロードスター」「セルシオ」といった「日本車のヴィンテージ・イヤー」とも呼ばれた1989年に登場した代表的な名車が一堂に展示されていて、なかなか見られない光景です。午後からは、会場内を走行披露したあと、各自動車メーカーさんからの生解説がありました。

さわやかな秋晴れの中、フォトセッションが行われました。

企画車両展示

手前から「レガシイ」、「セルシオ」、「GT-R」、「NSX」、一番奥が「ロードスター」。

聖徳記念絵画館前の参加車両展示。

毎年約100台が参加されるそうです。

新車のようにぴかぴかに磨き上げられたクルマたち。

トヨタ博物館公式サイトで参加車リストを見ることができます。

トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin 神宮外苑詳細ページ

http://www.toyota.co.jp/Museum/exhibitions/data/ccf_gaien2018/

 

色づきはじめたいちょう並木の間を通るパレードコース。

沿道では、開催中のいちょう祭りに来ていたお客さんも走ってきたクラシックカーに足を止めたり、手を振ったりしていました。

コースを先取りして思い通りのアングルで写真が撮れるように三脚で構える人も。

クラシックなドレスのモデルさんがパレード車両のお出迎え。赤が映えます!

さわやかな秋空の下、見る人もオーナーさんたちもなごやかに談笑されていました。

参加車のルーフにミニチュア版(フエルト製)がちょこんと置かれています。

(ナンバープレートも手縫いで再現されています)

オーナーさんの思い思いの展示を見るのも楽しかったです。

 

当初雨が心配でしたが、1日よいお天気で、趣あるクラシックカーに囲まれて、ゆったりと過ごすことができました。様々なデザインや形、今にないカラーリングのクルマを一度に間近に見ることができるので、お気に入りの1台に出会えるかもしれません。次の機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

Page Top